ラグノオささきの「茶屋の餅」は色んな意味で実力派

ゆずれないおやつの話_vol2〉

〈ゆずれないおやつの話〉では筆者の人生において欠かせないと思うおやつについて勝手な尺度で語ります。今回は青森の銘菓《株式会社ラグノオささき》の茶屋の餅。


《株式会社ラグノオささき》の「茶屋の餅」はきな粉のまぶされたお餅菓子。初めて発売されたのは1970年。〈株式会社ラグノオささき〉の数あるラインナップの中で一番歴史が長いロングセラー商品。

 

ラグノオささきの茶屋の餅

 

本やCDでほとんど考えられないことだけれど、ことお菓子においてはジャケ買いをせずにいられない。もちろん失敗も多い。外側のハードボディで明らかに量増しされていて実量がものすごく少ないものや『写真はイメージです』とは書いてあるけどこれはちょっと流石に裏切りが過ぎるのではと憤りに任せてカスタマーセンターに電話したくなるような(しませんけども)詐欺案件など被害実績は連ねれば枚挙に暇がない。

だけどそういう失敗も含めて、実体のよくわからないものを買って、開封し答え合わせをするという一連の流れを楽しんでいるのだから、ある意味仕方がなかった。期待通りのこともあるし、期待はずれのこともある。それがジャケ買い。

茶屋の餅は、温泉地のお土産のような渋いパッケージで、その頑ななまでの素朴さとネーミングからも内容が全く想像できない得体の知れなさに心惹かれた。

茶屋の餅のパッケージは二層構造になっていて、外側の包装紙を剥がすと、中に竹の葉を模したような柄の包みが出てくる。そして外側の包装紙を剥がして裏側を見てみるとそこには茶屋の餅をめぐる物語が記されており、パッケージが購入者が家に帰って封を開けた後でこのお菓子を取り巻く背景を知りその雰囲気を楽しむための「演出材料」として活かされている。なんと小粋な計らいなのか。包装紙の裏に書かれているというのが趣深くてとても好き。

肝心の中身は小包装の餅で老舗らしい無駄のないシンプルな味わい。胡桃が練り込まれた柔らかい餅にまぶされたきな粉が香ばしくとても美味しい逸品。

昔、旅する人には山越えは避けられなかった。そのような旅人にとって、何より嬉しかったのは、峠の茶屋にたどりついたときであった。一ぷくのお茶と素朴な味の餅に、旅人は疲れをいやしに、はればなれと再び旅に向かうのである。往時の峠を行き交う人々に思いをはせながら、心をこめてつくったみちのく名物「茶屋の餅」