marlのクッキーは日曜日の午後3時のおやつ

ゆずれないおやつの話_vol 9〉

〈ゆずれないおやつの話〉では筆者の人生において欠かせないと思うおやつについて勝手な尺度で語ります。今回は《marl》のほおばるクッキー。


《marl》は現在、岐阜・愛知・東京に3店舗の常設店とオンラインショップに加え、全国の百貨店をまわって特設販売をしている。各種1枚 292円(税込)

 

marlのほおばるクッキー

 

むしょうにクッキーが食べたくなる日曜日がある。たぶんほとんどの人がそうであるのと同じように、わたしは曜日の午後が好きじゃない。傾き始めた西日に比例して鉛のような憂鬱さが溜まって身体が重くなってくるし、その週末の充実度に関わらず何かやり残したことがあるような、あるいはもっと素敵な休日にできたのではないかという焦燥感にも似た後悔に苛まれる。気力は無いのになぜか食欲ばかり湧いてくるから困る。

そういうとき、スーパーで売っているようなファミリーパックのお菓子の詰め合わせに手を出すのはよくない。あんなものを開封してしまったら夕方になって机一面に散らかった空の個包装の山を前に愕然とすることになる。

だからわたしはマールのクッキーを食べる。


京きなこ&黒豆
マーブルチョコレート
三重県産かぶせ茶と五色豆
カフェ・オ・レ
ローストナッツ&ミルクチョコレート

 

 

 

 

 

 

 

Marl

【常設店】
・ホーム&ガーデン バムズ
〒502-0054 岐阜県岐阜市長良50−1

・イオンモール常滑 MI PLAZA mitsukoshi 常滑
〒479-0882 愛知県常滑市りんくう町2丁目20−3

・東武百貨店 池袋店
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目1−25

online shop →