バイバイまた来るね #2 / 国際センター

はっきりとした目的もないのになぜか「また来てしまう町」を歩き筆者がその雑感を主観と偏見を交えながら自由に綴ります。第2回目は国際センター駅。

▶︎国際センター駅/ 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目2

東の円頓寺商店街

国際センター駅のあたりは、その名前から想像する景色よりずっと垢抜けない生活感のある町だ。賑やかと言うほどではないけれど、打ち解けた活気があり、それでいて人と人との距離感が近すぎないところが良い。

思えばわたしは昔から人にあれこれかまわれるのが好きじゃなかった。かまわれることが苦手なだけで「一人が好き」というのとはまた違うところが厄介だ。わたしの育った田舎では知り合いであろうとなかろうと無関係に大人が子供に話しかけるのが普通で、成長し大人になるまでわたしはそれがご近所付き合いにおけるスタンダードだと思っていた。今朝は何食べたの?どこへ行くの?部活動は何をしているの?もちろんどの質問にもきちんと答えていたし、あなたそのスカート短すぎない?と指摘を受けた時には、すみません、と謝った。誰もが大人として優しさで気にかけてくれているのだと分かっていたけれど、わたしはなぜだかその他愛のないやりとりがものすごく苦手だった。変にプライドの高い嫌な子供だったのかもしれない。

呉服・服地屋「尾島屋」

『MISSING PIECE』作者:鷲尾友公(あいちトリエンナーレ2019)

そんなわけでわたしは、その町における人と人との距離感みたいなものに神経質な節があるのだけれど、このあたりは住む場所であり通過点でもあるから、パジャマみたいな部屋着の人もスーツの人も今時風のコンサバオフィスレディも混在しており、だからこそ町全体に適度な距離感と心地よい無関心さがあってリラックスできる。

東のアーケードはリニューアルされて以降おしゃれなカフェやパン屋がぽつりぽつりと増え始めた。けれどその合間を縫うように外観の古い老舗の店舗も点在しているから景色がちぐはぐで面白い。

そしてこの商店街の美点を語る上で欠かせない要素の一つがコロッケだ。商店街の肉屋では必ずコロッケが食べたくなる。挽肉はそれほど多くない、薄い衣にほくほくのジャガイモが包まれた生真面目な昔ながらのコロッケ。商店街で食べるコロッケはどんなに計算し尽くされた有名店の絶品コロッケより美味しい。

肉屋の「丸小」

蕎麦屋「えんそば」

オーダー靴と修理の専門店「アンティコ チャ バッティーノ」

ボルダリングハウス「KNOT」2018年にボルダリングジム・ゲストハウス・コミニュティラウンジの複合施設として改築された『那古野ハウス』

東のアーケードのはずれに、いかにもセンスの良いおしゃれなパン屋があった。うっとりするほど洗練された店内にはとても美味しいハード系のパンが並んでいる。その界隈では有名なお店で、このお店を目当てにわざわざやってくる人もいるという。

惰性と情緒漂わせる店舗ととりすましたモダンな店舗がでたらめに混在しているからこそこの町は風通しがよく閉塞感を匂わせない。

パン屋『芒種』

黒ごまあんぱん(¥180)/ ココア(¥250)

西側の円頓寺商店街

スーパー「丸一ストアー」

関山の餃子はとても美味しい。小ぶりだから普通よりも皮がカリカリで肉の旨みが凝縮されているように感じる。肉汁が多すぎないから胸焼けしないところも良い。

テラス席でそんな餃子をつまみにハイボールを飲みながら道ゆく人を眺めていたら、下着のように生地が薄く目を疑うほど丈の短い短パンを履いた中年男性が通り過ぎて行った。その日は近くでイベントがあったのか、大きなリボンのついたドレス調のメイド服のような格好の人も何人か見かけた。名古屋に住み始めたばかりの頃は、そういう標準的な規格とはズレた個性ある格好の人がごく普通に、ほとんどの誰に気に留められることもなく闊歩していく光景に驚いた。そしてすごく気持ちが軽くなったことを覚えている。

それでもやっぱりいくら名古屋と言えど、いやむしろ名古屋だからこそ、中心部から離れた住宅街が占める町では、そういう人を良しとしない向きがあって、同じような場合にはすれ違う人のひそひそ話が聞こえてくることが多い。それを悪いことだとは思わない。ただ「そうあるべき場所」と「そうでなくても構わない場所」があるだけのことなんだと思う。だからこそ、無関心な距離感を保ちながらも温かい生活臭のするエアポケットのようなこの町がわたしは好きなのだ。

円頓寺ぎょうざ《関山》

 

四間道

名古屋城が建築され始めた頃、清洲越しによってやって来た商人達が住み着いたことによって生まれた城下町。火災による建物の大量焼失をきっかけに、火災の被害を最小限に抑えるため道幅を四間(約7m)に拡張したことが由来になっている。今は店舗として再利用されている。

 

花車ビル 北館 中館

 

 

 

〈国際センター駅〉家賃平均:単身者*6.2万円 / ファミリーの家賃平均*12.3万円 / 桜通線沿線の駅。有名なスポットに円頓寺商店街商店街や四間道がある。