〈生なごやん〉本家と互角の戦いになるなんて思いもしなかった。

ゆずれないおやつの話_vol11〉

〈ゆずれないおやつの話〉では筆者の人生において欠かせないと思うおやつについて勝手な尺度で語ります。今回は敷島製パン(PASCO)が創業100周年の記念として作った新商品生なごやん。



2020年6月1日発売。

 

PASCOの生なごやん

 

敷島製パンの創業100周年を記念して作られた新商品『生なごやん』を食べた。かねてからなごやんの大ファンであるから食べないわけにはいかない。

基本的に「変わり種」や「リメイク」「アレンジ」という類のものが本家を超えることなんてほとんどないと思っている。これまでにも敷島製パンは『抹茶味』や『栗入り』など様々な変わり種なごやんを発売してきたし、もちろんどれも美味しかったのだけれど、変わり種はやはり変わり種。何度でも飽きずに食べ続けられる本家とは決定的に何かちがう。

そもそもなごやんはわたしにとってソールフードのようなものだった。異国の地でもしばらくすれば米が食べたくなるのと同じで、どんなに歳を取りたくさんのお菓子に出会っても、なごやんの素朴で普遍的な美味しさを忘れることはなかった。にもかかわらず『生なごやん』の出現以来その不動の地位がぐらぐら揺らぎ始めている。

根本的に別物であるという意味では『生なごやん』もそうなのだけれど、これはちょっとした革命である。

関連記事
愛知県民がなごやんの魅力を力説する

『生なごやん』がこれまでの『変わり種なごやん』たちと一線を画している一番大きな要因は素材を大幅に変更して作られている点にある。そもそも本家なごやんが「カステラ饅頭」というジャンルに属するお菓子であることは皆さんご存知ですか。本家なごやんは舌触りこそ淡白だが甘さ控えめの薄皮と白餡が噛めば噛むほどしっとり馴染み素朴ながら食べ応えのあるお菓子だ。

一方の『生なごやん』は蒸して作られており、中にはカスタードにも似た濃厚なクリームが入っている。全く別物である。

外側の生地は黒糖饅頭にも近いが、黒糖饅頭よりいっそう柔らかい仕上がりになっていてもちもちを超えもはや「むっちり」の域。ここまで違うとなるともはやなごやんとは名ばかりの別物なのではと思う人もいるかもしれない。しかしそこが『生なごやん』の不思議なところで、皮も中身も何もかも違っていながら、鼻に抜ける風味や後味にはしっかりとなごやんの面影を感じさせる。そして本家なごやんに引けを取らないくらいとても美味しい。

海外ドラマ『NCIS 』がもう何年も前に本家シリーズ『犯罪捜査官ネイビーファイル』のシーズン数を超えたように、そしてJITTERIN’JINNの『夏祭り』が今や多くの人にとってWhiteberryの代表曲であると誤解されているように、レアケースではあるけれど変わり種が本家を超えるということはあり得る。同じように『なごやん』の歴史も今塗り替えられようとしているのかもしれない。

 


公式サイトへ