バイバイまた来るね#3 / 四日市


はっきりとした目的もないのになぜか「また来てしまう町」について、その雑感を主観と偏見を交えながら自由に綴ります。第3回目は四日市。

▶︎近鉄四日市駅/〒510-0075 三重県四日市市安島1丁目1−56

 

バイバイまた来るね#3 / 四日市

 

わたしがこの町を好きだと思うのは町全体の構成がどこかモールっぽいからだ。

子供の頃、休日に家族で「モール」と名のつく場所に車で行くことが何よりの楽しみだった。わたしの生まれ育った町は田舎で、当時は近所にコンビニすらなかった。自転車を立ち漕ぎで数分走らせればやっと飲食店や、スーパーがポツポツと見えてくる。周辺にはとにかく民家と畑以外ほとんど何もなかった。

しかし「モール」には全てがあった。カラフルで眩しい洋服屋や雑貨屋、ジュエリーショップに花屋、本屋、フードコート、映画館まで入っている。圧倒的な全能感。モールはわたしにとって夢の国そのものだった。初めてここ四日市を訪れた時に感じた高揚感は、その昔「モール」で感じたそれとよく似ている。

近鉄の駅前にコンテンツが溢れていて人の流れがある。休日には家族連れがのんびり買い物を楽しむ場所でもあり、友達と連れ立って洋服や化粧品を見て歩く場所であり、たくさんの学生が立ち寄る場所でもある。とくにチェーンの飲食店が充実していて嬉しい。スターバックス。サンマルクカフェ。若鯱家。にぎりの徳兵衛。ドンク。ケンタッキーフライドチキン。スガキヤ。ミスタードーナツ。

東側には庶民的なアーケードの商店街が広がっている。チェーンの居酒屋や八百屋に混ざっていくつか独創的な個人商店もある。パブリックな西側とは違い個人主義かつ自由主義的な雰囲気があって面白い。人形おもちゃぺんぎん。サバイバルゲームみりたり~はうす。ボードゲームサロン魔王の森。

もっとお洒落で気の利いた商店街や駅前の商業エリアが他所にいくらでもあるだろうと思うかもしれない。でもわたしがこの町において重要視しているのはお洒落だったり気が利いていたり最先端であることではなくあくまでもこの「モール」っぽさなのだ。

商業的な中にも生活の匂いがして野暮ったくダサいこの安心感がなくては意味がないし、モールとはそういう場所でなくてはいけない。だからわたしはこの町が好きなのだ。

▶︎トナリエ四日市

▶︎東側の商店街

▶︎スタンドゑびす

 

▶︎ 鵜の森公園とそこに住む猫

▶︎ 諏訪神社

▶︎JR四日市駅

▶︎稲葉三右衛門翁銅像/江戸時代の大地震で壊滅した四日市の港を基礎から整備すべく私財を投じ奮闘した地元の豪商。金策に苦労した上に住民とも衝突、親友とも決裂し、時代の転換期であったせいもあって政府からの援助さえ満足に受けられない中、四日市港の復興に奔走した。

 

〈四日市〉家賃平均:単身者*5.3万円 / ファミリー*6.9万円 / 近鉄の利用者数が多い港町。